堀川出水団地第3棟リノベーション住戸の募集について




 改修工事を終了した堀川出水第3棟では、新しくクリエイティブな生活、発想が実現できるようにデザインした「リノベーション住戸(以下、「リノベ住戸」と呼びます。)」5戸を整備しています。
「リノベ住戸」は、「アートと交流」を基本テーマに、アート、モノづくり、執筆、コミュニティ活動等を通じて「住まい手」や地域住民が集い、交流するような場を目指していますので、これら趣旨に賛同して、この団地を元気にしたい、楽しくしたいという意欲のある方、「住まい手」の応募をお待ちしています。


1.募集するリノベ住戸


(1)特長

今回は2種類の住戸をご用意しました。
それぞれの住戸の主な特長は次のとおりです。

①堀川団地竣工当時の面影を残したタイプ

  • 残っている面影に応じて、「面影度10%」、「面影度25%」、「面影度50%」の3タイプをご用意。
  • セレクトメニュー(壁紙等)で自分好みのスタイルを選択できます。
  • 土間を設けてモノづくりにも使えるプランとしました。
  • 小さいですが、浴室を設置。
  • DIYなしでも直ぐに住めますが、DIYやセルフビルド提案も歓迎します。

②室内を全面的にリノベーションしたタイプ

  • 一般的な賃貸マンションのしつらえとなっています。
  • 1DKで浴室とトイレはセパレートとなっています。
  • DIYやセルフビルドはできません。

(2)住戸面積と家賃

今回募集の住戸の規模、家賃は下記のとおりです。

棟名・部屋番号 住戸タイプ 専用面積 家賃(月額)
2階329号室 全面的リノベ 32.02㎡ 41,600円
3階332号室 面影度25% 32.02㎡ 41,600円
3階333号室 面影度50% 31.13㎡ 40,400円
3階334号室 面影度10% 31.13㎡ 40,400円
3階339号室 全面的リノベ 32.02㎡ 41,600円

※上記住戸タイプの詳細は、以下を参照してください。

第3棟2階329号室・3階339号室(全面リノベ) 32.02㎡

※写真はクリックすると拡大してご覧いただけます。

間取り図 リビングダイニング 和室

和室 浴室 洗面所 トイレ

PDFファイルが開きます 印刷用間取り資料はこちら(PDF)

第3棟3階332号室(面影度25%) 32.02㎡

※写真はクリックすると拡大してご覧いただけます。

間取り図 和室 土間

キッチン 浴室 トイレ

PDFファイルが開きます 印刷用間取り資料はこちら(PDF)

第3棟3階333号室(面影度50%) 31.13㎡

※写真はクリックすると拡大してご覧いただけます。

間取り図 土間 土間

和室 キッチン 浴室

PDFファイルが開きます 印刷用間取り資料はこちら(PDF)

第3棟3階334号室(面影度10%) 31.13㎡

※写真はクリックすると拡大してご覧いただけます。

間取り図 土間 土間

キッチン 浴室

PDFファイルが開きます 印刷用間取り資料はこちら(PDF)

2.「住まい手」への応募と選考手続き

リノベ住戸の住まい手は、次の2段階の手続きで選考させていただきます。
①応募者からの応募申込み書等の提出
②選考委員会による面接・提案プレゼンテーション審査による選考

(1)応募できる方

次の要件の総てを満たしている方からの応募を受け付けます。
①単身者であって、実際にリノベ住戸に住む意志のある方
②団地や地域コミュニティの活性化のための活動において、公社と協働する意欲をお持ちの方
③公社賃貸住宅への入居資格を満たす方(入居資格については、4の(2)をご覧ください。)

(2)応募書類の作成と提出

所定の様式を用いて応募書類を作成し、提出してください。

①応募書類の様式

  • 応募申込み書(様式1)
  • 課題提案書(様式2)
  • セルフビルド提案図(様式3)
    ※様式3は332、333、334号室の内装等をセルフビルドする提案をお持ちの方のみ提出してください。

PDFファイルが開きます 応募書類のダウンロードはこちら(PDF)

②提案していただく課題
課題提案書(様式2)を用いて、次の課題に関する提案を行って下さい。

  • 「アートと交流」という基本テーマを念頭に、アート、モノづくり、執筆、コミュニティ活動等の分野で、「リノベ住戸のクリエイティブな使い方や住まい方」を提案してください。
    ポートフォリオ(作品画像など)、経歴書(作品展経験と受賞暦)があれば、添付書類として提出願います。
  • ご提案の「住まい方」を具体化するにあたって、公社と協働したいことやできることがありましたらそれもご提案ください。

③応募申込み書(様式1)の記載方法
第1希望から第5希望まで記載できますが、第2希望から第5希望までの記載は任意となっていますので、第1希望の住戸以外に希望する住戸がある方のみ記載してください。

④課題提案書(様式2)の記載方法

  • 説明文、ダイアグラム、スケッチ、画像などを用いて提案内容やデザイン意図を表現して下さい。
  • 様式2は、A3サイズ横使いとし、1枚におさまるようにしてください。
  • 文字サイズやフォントの指定はありませんが、読みやすい文字、行間等を心掛けて下さい。

⑤セルフビルド提案図(様式3)の記載方法

  • 内装等をセルフビルドする提案をお持ちの方のみ提出してください。
  • 第1希望住戸のセルフビルドの内容を設計図面で表現してください。第2、3希望の住戸がある場合は、第1希望住戸と同様の趣旨のセルフビルドが行われるものとして審査します。
  • セルフビルドの内容や使用する資材の仕様、品質等を設計図面で表現してください。図面の内容を補足するためにスケッチや画像を用いていただいて結構です。
  • 原則として、設備機器類及び間仕切り壁位置の変更はできませんのでご注意下さい。詳しくは、4の(3)を参照してください。

⑥応募申込み書等の提出期間

  • 平成30年8月20日(月)〜9月21日(金)までの9:00~17:00の間に5の窓口まで提出してください。(郵送の場合は消印有効とします。)
  • 土、日、祝日は閉庁日のため、受付できません。

(3) 面接・プレゼンテーション審査

平成30年10月19日(金)9:00~12:00に公社の入居者選考委員による面接・プレゼンテーション審査を行い、入居者の選考を行います。なお、各応募者の面接・プレゼンテーション審査の時間等につきましては別途お知らせします。

①選考の視点

  • 公社と協働してコミュニティを良くしていく意欲や人柄をお持ちか。
  • リノベ住戸の使い方や住まい方が創造性の高い魅力的なもので、堀川団地全体の再生にふさわしいものとなっているか。

②選考の方法

  • 入居者選考委員による審査点数の上位者から順番に住まい手を選考します。したがいまして、第1希望の住戸の住まい手に選考されなかったとしても、課題提案書の内容が優れていれば、他希望の住戸の住まい手に選考されることもあります。

③審査結果のお知らせ

  • 面接・プレゼンテーション審査後、速やかに選考結果を応募された方にお知らせします。

3.応募をお考えの方々へのご案内

住まい手への応募をお考えの方々にリノベ住戸の趣旨や課題、堀川団地全体の状況をより理解していただくため、下記の取組みを行います。

(1) オープンハウスとガイドツアー

今回募集のリノベ住戸の内覧会とともに、リノベ住戸の魅力、「人をつなげ、まちを生かす」潜在力について、堀川地域活性化を考える有志の会のメンバーによるガイドツアーを実施します。

  • 内覧会
    日時:平成30年9月8日(土)13:00~16:00
    場所:出水3棟他
  • ガイドツアー
    日時:平成30年9月8日(土)14:00~15:00
【ガイド】

(1)ヤマシタリョウ氏
堀川団地に暮らし、堀川団地で眼鏡作りを営むアーティスト。堀川地域活性化を考える有志の会(ホリカツ)代表として、堀川団地を「アートと交流」というコンセプトで盛り上げるため活躍

ヤマシタリョウ氏写真

(2)土井脩史氏
京都橘大学現代ビジネス学部専任講師。堀川地域活性化を考える有志の会メンバー。堀川団地の建物と住まい方を研究し続けて10年。堀川団地の表も裏も知り尽くした堀川団地マスター

土井脩史氏写真
(2) 応募に関する問い合わせ
  • お問い合わせやご質問は、随時、5の窓口で受け付けています。
  • 9月上旬までは、現地見学が可能ですので、ご希望の方は5の窓口に連絡していただき、日程を調整してください。(平日の対応となります。)

4.入居条件及び賃貸条件について

(1) 入居予定時期

平成30年10月19日(金)に予定している面接・プレゼンテーション審査の結果、住まい手として選考された方と、入居手続き及びセレクトメニューの選定を進めさせてもらいますが、セレクトメニュー工事の関係で、入居時期は、平成30年11月1日以降となる予定です。(工事の発注後、詳細に工程が決まった後に入居可能日をお知らせします。)

(2) 賃貸条件及び入居条件の確認

住まい手となる方は、下記の賃貸条件にご同意いただき、また、入居条件を満たしている必要がありますので、事前にご確認ください。

①賃貸条件

  • 応募者自らがリノベ住戸に居住してください。(セカンドハウスとしての利用はできません。)
  • 原則として10年間の定期借家契約となります。
  • 共益費は、1,000円/月です。
  • 入居時に、家賃の3ヶ月分の敷金を納めていただきます。

※家賃については、1の(2)をご覧ください。

②入居条件

  • 収入は、原則として家賃の4倍の月収が必要です。
  • 連帯保証人は、原則として応募者と同程度以上の収入がある方が1人必要です。
  • 暴力団員による不当な行為の防止に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員は入居できません。

(3) セルフビルドをされる際の条件
  • セルフビルドをされる場合は、将来、住まい手として選考された方が退去した後も、セルフビルドした状態が存続するような品質が求められます。
  • 原則として、設備機器類及び間仕切り壁位置の変更を伴うセルフビルドはできません。
  • セルフビルドを提案して住まい手に選考された方は、入居契約の前に提案内容に沿った実施計画の提出が必要となります。
  • 上記の実施計画に基づいてセルフビルドを行う場合、最大で2ヶ月までセルフビルド期間中の家賃が免除されます。
  • 実施計画に基づいてセルフビルドを行われた場合、退去時の原状回復義務は免除されます。なお、セルフビルド等で付加された部分については、公社に対して退去時に買取りを請求することはできません。
(4) その他の条件等
  • 入居後にはメディア取材、ヒアリング調査にご協力頂く場合があります。
  • 入居後には団地再生やまちづくりなどのイベントに協力して頂く場合があります。

5.お問い合わせ・提出先窓口

応募申込み書の提出や各種のご相談は下記の窓口にお願いします。

京都府住宅供給公社 業務推進部 街づくり推進課
〒602-8054
京都市上京区出水通油小路東入丁子風呂町104番地の2 京都府庁西別館
TEL 075-431-4151
FAX 075-432-2049
E-mail horikawa@kyoto-juko.jp (※件名は「リノベ住戸問い合わせ」としてください。)


Copyright© 京都府住宅供給公社. All Rights Reserved.